おんがくらし

音楽であふれた暮らしを送るための方法を、音楽療法士が紹介しています。

【365日の音楽】7月18日の音楽

 

f:id:musictherapist:20190702102003p:plain



こんにちは。

当サイトでは、毎日の音楽を紹介しています。

今日の音楽を知ることで、毎日の話のネタも広がります。

 

さて本日は、過去の7月18日に起こった出来事を始めに紹介します。

それをもとに、7月18日に聴きたい音楽や歌いたい楽曲についてまとめていきます。

 

 

f:id:musictherapist:20190717145129j:plain


 7月18日は何の日?

 

光化学スモッグの日

東京都で光化学スモッグが発生した日です。

1970年の出来事で、日本で初めてのことでした。

 

さて光科学スモッグですが、工場や自動車などの排気ガス(窒素酸化物、炭水水素)が、日光によって光化学反応を起こして発生します。

特に夏の暑い日の昼間に発生しやすく、オゾンなどが発生します。

5月から9月にかけてが特に発生しやすく、今の時期はちょうどよくみられます。

また光化学スモッグに含まれる諸成分によって、人体に影響を及ぼすことがあるので、生活する上でも注意が必要です。

 

 

7月18日の音楽

 

光化学スモッグの日です。

光科学スモッグは光によっておこる現象ですので、「光についての曲」についてまとめていきます。

 

光についての曲

 

・エネルギーソング


波動を高める音楽 光のエネルギーで心身をどんどん浄化するスピリチュアルヒーリング

光のパワーで人体に影響を与えてくれる音楽です。

心の底から光によるエネルギーがみなぎってくれるような気持ちになれます。

 

 

・永遠の光


永遠の光(松本望「二つの祈りの音楽」混声合唱とピアノ連弾のための より)

原曲は「ルクス・エテルナ」というラテン語です。

日本では和訳で「永遠の光」で、なんと本来は無伴奏16部合唱の曲です。

永遠の光では伴奏は連弾ということで珍しいですよね。

美しいコーラスが響き渡り、祈りを表現した合唱は素晴らしいですね。

 

 

・光と音楽


[ハウステンボス公式]光と音楽の噴水ウォーターマジック

ハウステンボスは長崎にあるテーマパークで、こちらは「光と音楽の噴水ウォーターマジック」です。

実際に見に行けない方はぜひこの動画を見ていただきたいです。

最近はイルミネーションの時期になると「光と音楽の○○」といった、コラボレーションの美しいイベントをよく見かけます。

 

 

・ヒカリ


【合唱曲】ヒカリ / 歌詞付き

合唱曲「ヒカリ」は、中学生の混声3部合唱です。

混声4部合唱のアレンジも存在します。

4分の4拍子で始まる曲ですが、途中から8分の6拍子に変化します。

この曲は中学生の詩集をもとにして作られています。

 

 

・月の光


月の光 ドビュッシー

フランスの作曲家ドビュッシーの代表曲として有名ですよね。

月の光を浴びているような旋律が綺麗です。

気持ちをゆったり落ち着かせたい時などに聴きたい曲です。

 

 

 

7月18日の音楽はいかがでしたか。

光についての音楽を沢山紹介させていただきました。

 

今回は特別…

この曲でお別れしましょう。

 


蛍の光