おんがくらし

音楽であふれた暮らしを送るための方法を、音楽療法士が紹介しています。

【365日の音楽】7月7日に歌いたい・聴きたい全年代向けポピュラーソング

f:id:musictherapist:20190702102003p:plain

こんにちは。

当サイトでは、毎日の音楽を紹介しています。

今日の音楽を知ることで、毎日の話のネタも広がります。

 

さて本日は、過去の7月7日に起こった出来事を始めに紹介します。

それをもとに、7月7日に聴きたい音楽や歌いたい楽曲についてまとめていきます。

 

 

f:id:musictherapist:20190706134043j:plain

7月7日は何があった日?

 

本日は非常に多くの記念日がありました。

その中でも、特に7月7日ということでお勧めしたいものをまとめます。

 

七夕

 

さて、本日は皆さまご存知の七夕です。

この七夕伝説は、奈良時代に中国から伝わってきました。

 

年に一度、織姫と彦星が天の川で会える日ですね。

1年に1度しか会えないのは可哀想ですし、いつも梅雨の時期と重なってしまっているので夜はどうにか晴れてほしいです。 

 

川の日

 

七夕伝説の「天の川」のイメージもあることから川の日としても知られています。

河川の魅力を伝えるため、国土交通省によって制定されました。

 

これからの時期、川遊びも盛んになりますよね。

流れの急なところもあったり、棘など刺さりやすかったりもしますので、安全面の確保も十分ご注意ください。

 

 

7月7日の音楽

 

さて本日は、七夕と川の日ですね。

七夕の曲や川についての曲についてまとめます。

 

 

七夕の曲

 

・たなばたさま


【童謡】七夕さま~歌詞付【夏の定番曲】

本日はもちろん、この曲を紹介します。

 

普段なかなかこの曲の歌詞については触れないかと思いますので、七夕様の歌詞の内容についてもまとめていきます。

 

<1番>

♪ ささのは さらさら 

 のきばに ゆれる

 おほしさま きらきら

 きんぎん すなご

 

のきばとは「軒端」と書き、字の通り軒の端のことをいいます。

軒は「屋根が建物の壁より外に出ている部分のこと」を表すので、その端のことですね。

その「のきば」で、笹の葉が揺れているということです。

 

さらに、「きんぎんすなご」ですが、砂子は金箔や銀箔を砂のように粉状にしたものをいいます。

この「金銀砂子」を星に例えて、きらきら輝いているということを表しています。

 

 

<2番>

♪ ごしきの たんざく 

 わたしが かいた

 おほしさま きらきら

 そらから みてる

 

5色の短冊とは、青・赤・黄・白・紫の5色を表しています。

短冊は願い事を書くあの紙のことですので、「願い事の書かれた5色の短冊を、お星さまが空から見ている」ということになりますね。

 

 

川についての曲

 

・川の流れる音(癒し音楽)


【癒し系】自然音 せせらぎ ソフト水流音3時間

なかなかこのような自然の場所に行くことが出来ないとき、おうちでも気軽に聴くことが出来て有難い動画ですよね。

癒し効果のあるこの動画で、マイナスイオンを感じていただきたいです。

 

 

モルダウ


【合唱曲】モルダウ/ 歌詞付き

ブルタバとも呼ばれている、ブルタバ川の流れの様子を音楽であらわしている合唱曲です。

歌ったことのある方もいらっしゃるかと思います。

オーケストラバージョンでは、途中でチェコの結婚式や水の妖精が出てくるなど様々な音楽を楽しむことが出来ます。

 

 

 

さて、7月7日の音楽はいかがでしたか。

七夕の曲は当たり前に歌っておりますが、なかなか歌詞について知る機会はなかったかとおもいます。

七夕伝説についても詳しく調べてみるとなかなか面白いです。

それでは、また聴きに来てくださいね。